安心な暮らしの為の床リフォーム

さいたま市のNさまは以前から、玄関の床がふわふわしてきたから

そのうちたのみますね。なんておっしゃってました。

今年は地震があったり、体調崩してしまったりで、

なかなか直すタイミングが合わなかったそうです。

早速床リフォームの為の現場調査。

 

なつかしい小市松のフロアーですね。

要所要所床ベニヤのパンクが見受けられます。

既存施工は根太の上に12mmのフロアーが直接施工(一重貼り)でしたので、

ベニヤ捨貼施工(12mm)してその上に仕上フローリングという施工方法をとります。

また今回は床リフォームと合わせ床下の湿気対策として床下調湿材を敷きました。

ゼオライトという鉱物です。

天然ゼオライトは、火山活動によって約700万年もの年月をかけて作られた鉱物です。

吸放湿性能・吸水性能・土壌改良・水質浄化イオン交換作用・結露予防などなど

すばらしい効果を発揮します。また使用済みのゼオライトは土に還り、

再び自然環境においてその力を発揮するのです。

仕上げのフローリングですが、無垢の床材をご紹介し、採用していただきました。

「カバ無垢ユニフローリング ア15mm」です。

とっても表情豊かな材種です。

既存の上がり框とも違和感なくマッチしました。

これで毎日安心して暮らせますと喜んで頂きました。

こちらこそありがとうございました。

床が古くなりリフォームをお考えの方は

是非、志水木材の床のリフォームをご検討ください。

tH[⍇