耐震補強、耐震リフォームの紹介

耐震補強、耐震リフォームのご紹介

志水木材こころざしリフォームでは、耐震診断士資格を取得した自社スタッフによる診断をもとにした各種の耐震補強・耐震リフォームも積極的に取り組んでいます。
耐震診断を行う事で安心で安全なお住まいなる事はもとより、現在の家の状態に合った適切な補強など施す事で家の寿命も更にのびます。また公的補助による診断の申請手続きも承りますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

耐震補強の方法

建物の外部や内部の壁、柱の耐力や剛性、ねばり強さを向上させ、建物の耐震性能を高める方法を耐震補強と呼び、補強箇所や建物の構造に応じて様々な耐震補強の方法があります。こころざしリフォームでは、コスト・工期・整合性・施工性等を総合的に判断し、最適な耐震補強を選んで行います。

痛んだ部材の交換

シロアリ・湿気等によって腐朽・喰害をうけた柱や土台、梁などは、その箇所を交換します。土台の場合は、防蟻処理した木材を使用します。

痛んだ部材の交換

壁の耐震補強

耐力壁は壁を新設する方法と既存の壁の剛性を高める方法の2種類。既存壁は外壁をはがし、外部から補強と室内側から補強する方法があり、柱と横架材の接合部に金物を取付け筋交いを掛けます。

壁の耐震補強1

室内側から補強する方法として当社でオススメしてる方法は、既存の壁を剥がした後に「耐震壁」を施工する方法です。この補強方法の場合、天井や床部分の工事を必要とせず、コストダウンと工期の短縮が望めます。

壁の耐震補強2

接合部の耐震補強

築年数の古い住宅の場合、柱等の接合部に金物が使われていない場合も多く見うけられます。地震時に木材の接合部が引き抜けを起こさないようにする為、強度不足の接合部を金物で補強します。

接合部の耐震補強

床面の耐震補強

床面の補強の場合も、耐力壁と同じように横架材の接合部に金物を取り付け、筋交いをかけます。

床面の耐震補強

外付け耐震補強

壁の補強(外側からの補強工事)

壁を剥がすことなく、外壁に筋交いや鋼材を使い補強をする。

壁の補強

柱脚の引き抜けに対する補強(外側からの補強工事)

外付けのホールダウン金物やアラミド繊維ロープなどを柱脚・土台・基礎などの接合部に取り付け補強する。

柱脚の引き抜けに対する補強

外壁を切らずに施工するため、短工期で低コストです。地震による縦方向の引っ張りを緩和して、建物の浮き上がりを抑止してくれる耐震補強用金物です。見栄えが気になる場合は、内壁を開口してホールダウン金物を設置する方法も有りますのでご相談ください。

屋根材の軽量化

重い屋根瓦等から軽量の屋根材へ取り替え

重い屋根材だと屋根を支える建物の耐力が必要となり、家屋に負担が掛かります。丈夫で軽い屋根材に替える事で家屋全体の重心位置を下げます。

柱脚の引き抜けに対する補強

耐震補強工事の費用について

耐震補強にかかる工事費用は、家屋の状況(構造状態・経年数)や、補強箇所や補強内容などによって差が出る為、一概には「いくらです」とは申し上げられません。しかしながら、統計の数値から判断すると「50万円未満~150万円前後」が主な工事費の価格帯であるといえます。また、各自治体にて助成金や減税措置などの優遇制度を活用することも可能です。
もちろんこころざしリフォームでは、少ないコストで最大・最適な耐震補強が出来ることを目標としています。

家の重心位置を下へと変える耐震工事例

屋根の面積は100㎡で屋根に乗った瓦の総重量は約5トンにもなります。当然、家の重心は屋根に集中し、揺れに対して弱い構造となっています。そこで今回の耐震工事では、瓦から金属製の屋根材に変える事で瓦の約1/10に相当する約0.5トンまで軽量化する事ができます。これにより家の重心が下方向へと集まり、他の耐震リフォーム工事と合わせ地震に強い家に生まれ変わります。

耐震補強工事例

工事前の瓦屋根

昭和47年に建てられた瓦屋根のお住まいです。荷重が屋根に集中した状態です。

耐震補強工事の次へ
耐震補強工事例

屋根から瓦を撤去

まずは、この重い瓦を全て屋根から撤去する作業からスタートです。

耐震補強工事の次へ
耐震補強工事例

瓦を撤去した状態

一枚一枚を手作業行い数時間で重い瓦がすべて屋根から撤去されました。

耐震補強工事例

耐震工事用屋根材が到着

耐震補強工事に使用する屋根材が到着、軽量で屋根の重さを10分の1に減らせます。

耐震補強工事の次へ
耐震補強工事例

屋根の入れ替え作業

重い屋根瓦から軽い屋根へ一枚、一枚を職人が丁寧に施工していきます。

耐震補強工事の次へ
耐震補強工事例

屋根の耐震補強工事が完了

重心が上にある構造から下に重心がある構造に変わり揺れに強い住宅なりました。

耐震診断、耐震リフォームは耐震診断士の私にお任せください。

志水木材の耐震診断士 志水です。 木造住宅の耐震診断や、耐震リフォームは耐震診断士の私にお任せください。材木屋だから判る木の特性を考慮した耐震診断、耐震リフォームを行ってます。 また、家にとって適切な重量バランスや強度は必要不可欠な物です。人も家も体のバランスや強度が落ちる事は病の素となります。適切な重量バランスや強度を与える事は家の寿命を延ばす事にもつながります。

耐震診断の必要性へ
耐震診断の実施例へ
耐震診断のお問い合わせ